「初音ミク」のYouTube収益化解禁

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:伊藤博之、以下「クリプトン」)は、歌声合成ソフトウェア『初音ミク』『鏡音リン』『鏡音レン』『巡音ルカ』『MEIKO』『KAITO』によって合成された歌声、および前記各ソフトウェアのキャラクター(以下「初音ミク等」)を使用したYouTubeへの投稿動画において、アマチュアクリエイターである動画の投稿者がYouTubeパートナープログラムに加入して収益化を行うことを、2021年6月1日付けで解禁した。今日はこのニュースについて私なりに考えてみたい。

出展 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社様(https://www.crypton.co.jp/cfm/news/2021/06/01pcl_revision)

影響1 クリエイターの製作意欲向上

クリエイターの製作意欲が向上するだろう。

これまでは非営利目的かつ無償での条件のもとで、クリエイターは初音ミク等を用いて楽曲を制作していたためである。クリエイターはお金のためだけに創作活動をしているわけではないが、収益がでるからにはより一層熱が入るだろう。

影響2 過激な楽曲の減少

これまでにあった「くるみ☆ぽんちお」のように、下ネタや過激な楽曲は減っていくだろう。

収益化するには「YouTube の収益化ポリシー」を遵守しなければならないためだ。下ネタ系は収益化を認められづらいだろうし、クリエイターも下ネタ系には手を出さなくなるのではないか。

影響3 より過激な楽曲の誕生

影響2で述べたように過激な楽曲は減少すると思うが、一方で収益化に拘らないより癖が強い楽曲が誕生すると思う。「収益よりも自分が作りたいものを作る」という強い意志がこもった作品になるからだ。皆で楽しめる楽曲もあれば、癖が強い楽曲があってもいいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました