大学受験のためのおすすめ勉強法【自称進学校生向け】

Uncategorized

この記事では大学受験に向けたおすすめの勉強法を紹介します。受験生のみなさん、勉強って面倒くさいし、集中力が持たないし、なかなか点数は上がらないし、嫌になっちゃいますよね?やらないといけない。でもやる気がでないというのは全ての受験生が思うことでしょう。そこでこの記事では、自称進学校から国立大学に進学した私が当時実践した勉強法を伝授します。この方法を試せば、成績アップ間違いなし!それではやっていこう!

スマホは家に置いて図書館に行け

私はスマホを家に置き、図書館で勉強していました。なぜならスマホは受験生にとって最大の誘惑だからです。Twitter、インスタグラム、TikTok、YouTube、モバゲー、GREE、mixiなど、あげればきりがありません。スマホがなければ、当然勉強しかやることがないので、嫌でも勉強します。また少し休憩するとき図書館なら読書で息抜きすることになるので、思わぬ形で知識を習得することがあります。周りには受験生が多いので、「やらなきゃヤバい」という意識になる点もおすすめです。

友達と一緒に勉強しろ

勉強法その2は「友達を一緒に勉強しろ」です。この方法のメリットは、問題を出し合うことで息抜きしつつ、楽しく勉強できるからです。あなたのクラスで一番成績のいいあの人も、本当はあなたと同じように勉強が辛くて仕方ないはずです。だから、単に邪魔するのはダメですが、問題を出し合って休憩するのは大いにありです。私と問題を出し合った友達はみんな大学に合格しました。また、ある時の定期テストでなぜか日本史を本気でやると言い出した陽キャグループがいました。彼らは赤点常習犯だったのですが、そのテストでは全員90点以上をたたき出し、先生をビビらせていました。友達と勉強するってなかなかすごい効果ですよね。

勉強は質より量である

私は、勉強は質より量が大事だと思います。なぜなら、多くの受験生は楽に成績を上げたいと考えているぐーたら受験生だからです。そのような人が考える量より質は、勉強時間を短くするための言い訳にしかなりません。だからとにかく長時間、だらだらでもいいので量をこなしたほうがいいと思います。私は休みの日は12時間、もちろんスマホは家において図書館で勉強していました。

まとめ

いかがでしたか?今日は私がおすすめする勉強法を紹介しました。「スマホは家に置いて図書館に行け」「友達と一緒に勉強しろ」「勉強は質より量である」全部やってもいいし、一つだけ実践してもいいと思います。勉強法探しで大事なことは誰かの意見を鵜呑みにせず、自分にあったやり方を見つけることです。この記事を見たら今日から必ず実践してみてくださいね。それでは、また次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました