将棋初心者が四間飛車で初段を目指す記録(船囲いの崩し方 4二金型)

将棋

前回は4一金型の船囲いについて勉強した。

今回は4二金型についてまとめていきたいと思う。

素人目には4二金型は下段がスカスカで心もとない感じがするが、4二金型のほうが引き締まっていると言われる。

前回まとめたように4一型は崩したついでに金を取られるからだ。

4二金型では4一型と別の崩し方が必要になるのでまとめてみた。

下段に飛車、持駒に香車、銀、角

A▲33香車

①△同玉▲21龍

②△同金▲41銀

③△同桂▲21銀△22玉▲31角

いずれでとっても先手が有利

62に龍が成り込めたら、多くはいらない

A▲33歩

①△同玉▲31龍または21龍

②△同桂▲21銀△22玉▲52龍

③同金▲41銀

桂馬を使います

▲46桂馬

△パス▲34桂馬△41金▲22桂成△同玉▲41龍

控えの桂である。

高美濃を活かす攻め

▲66角

①△33桂▲35歩△同歩▲34歩

②△43金▲35桂

桂頭に歩を伸ばされても高美濃は金が守ってくれるので心配ない。

私は対船囲いに限らず、この攻めを多く使っている。

2021年10月2日現在の棋力

2級 達成率62.7%

参考文献

全戦型対応!囲いの破り方(著 及川拓馬)

将棋・ひと目の手筋(渡辺明竜王監修 週刊将棋編)

四間飛車を指しこなす本(著 藤井猛)

コメント

タイトルとURLをコピーしました