将棋初心者が四間飛車で初段を目指す記録(船囲いの崩し方 4一金型)

将棋

初段を目指すうえで最も重要なことは、囲の崩し方を知ることだと私は思う。四間飛車を指す上で最初の関門となるのは居飛車の船囲いだ。一般的には美濃囲いと船囲いは美濃囲いの方が硬いとされるため、さばき合いになったら四間飛車が有利とされる。しかしながら、船囲いも立派な囲いであることに変わりはなく、弱点を知らなければなかなか崩すことはできない。本記事では船囲い4一金型の崩し方の基本をまとめていく。

Q1相手の持駒に角がない場合

A1 22角

同玉には41飛車成で一気に迫る。同玉としなければ11角成、21角として暴れ散らかす。

Q2 △持ち駒に角がある場合

A2 ▲24桂 △同歩 ▲23角

▲22角だと△33角▲同角△同銀と打込めなくなる。桂馬で角を打込むスペースを作るのがポイントだ。

Q3 ▲角がない場合

A3 ▲22香車 

やはり22に駒を放り込むのが急所。△同玉にはもちろん▲41龍。

Q4 前問で△同玉とせず△51香車と受けてきたら

A4 ▲21香成△同玉▲33桂馬

△51香車に苦しむことが多いのでぜひ覚えたい。

Q5 船囲いから銀が離れている場合に有効

A5 ▲44歩△同歩▲71角△89飛車成▲44角成

コビンを攻めて馬を作る。その後は3筋を攻める。

Q6 33に銀が残っていても使える寄せ

A6 ▲43金△同玉▲41飛車成△42金▲52角成△33玉▲31龍

または▲43金△同金には▲41角成

現在の級位

2021/9/30

2級 達成率60.2%

参考図書

全戦型対応!囲いの破り方(著 及川拓馬)

将棋・ひと目の手筋(渡辺明竜王監修 週刊将棋編)

四間飛車を指しこなす本(著 藤井猛)

コメント

タイトルとURLをコピーしました