将棋初心者が四間飛車で初段を目指す記録(4三金型穴熊囲いの崩し方by藤井システム②)

将棋

こんにちは!相手がミレニアム囲いを組んできて、練習の成果出すぞ!って思ったら引き角から捌かれて負けました。

わたげです。

今日は前回に引き続き、穴熊囲いの崩し方by藤井システムを勉強します。

前回の勉強記録はこちら

参考動画も引き続き山口先生の動画です。

【将棋講座#12】振り飛車党の憧れ 初心者から使える藤井システム

4三金型4二角と引いた場合

Q1前回は▲25桂に対し△24角と出ましたが今日は△42角と引きます

A▲45歩

やはり角道を活かして攻めます

Q2角のラインに入っているのは危険すぎるのでラインからよけました。もはや穴熊ではありませんが攻めを続けましょう

A▲44歩

ともあれ44歩を取り込みます

Q3△同銀と応じます。私なら45歩としちゃいますね。

A▲13桂成

山口先生にも45歩はダメだと言われちゃいました。

△同桂なら▲14歩と端攻めしてオッケーです。

Q4では△同香は・・・?

A▲14歩

14歩とします。△同香▲同香と続きまして

Q5△13歩と受け止めて

A▲同香成

攻めの手を緩めません。

Q6とうぜん△同桂で、私なら14歩にしますがそれでは2級の将棋ですね。

A▲45歩

続いて△同銀▲44香△同金▲同角として角道を切り開きます。

Q7△15角と居玉の弱点を突かれました。▲69玉△42飛でもう負けたーっておもいませんか?

A▲71角成として▲44歩▲43金を狙います

Q8△33角で次の狙いは△66香です。

A▲44歩

焦点の歩というやつですね。実践で使えたことは一度もありません。

△同角▲同馬△同飛車です。

Q9ここから攻める箇所なんかありますか?

A14歩

14歩なんですって。さっき無視した手がようやく出てくるわけですね。将棋って難しい。

Q10桂が逃げました。さあ今日の最後の問題です。

A▲64歩

龍を作りに行きます。

記事を書いてて思いましたが、気づいたら相手の布陣スカスカですね(笑)

藤井システム大成功ですね。

2021年10月13日現在の棋力

2級 達成率32.3%

対中飛車や対右四間飛車に対して練習の成果を見せたいのですが、こんなときに限って当たらないんですよね(笑)

さて次回は5二金型穴熊囲いの崩し方by藤井システムを勉強します。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました